キレイモお腹脱毛

キレイモお腹・へそ周り脱毛体験談

女性なのに、かなり体毛が濃いのが悩みでした。すねや腕など、皆がさほど気にしていないような部位でも黒々としているので、中学生くらいの時から「野人」とからかわれて、嫌な思いもしました。

 

自分でも苦痛を感じて自己脱毛をしてみたのですが、とにかく脱毛の範囲が広すぎて毎回疲れてしまい、また肌が敏感なせいもあって、脱毛クリームにかぶれたり、カミソリ負けを起こしてしまうことがしょっちゅうでした。

 

大学生の頃にはほとほと嫌になって、それ以来は露出の少ない服を着、夏の暑い盛りでも無理をして長袖を着ていました。海やプールに誘われても、自分の体毛をさらすのが嫌で断ってばかり。恋愛にも及び腰です。

 

特に、うっすらと筋の入ったように見える背中やお腹(へそ周り)のムダ毛が憎くてたまりませんでした。うまく剃ることもできないし、失敗してカミソリ傷でもつけようものなら、肌荒れが皮膚炎に移行してひどい思いを何度もしました。

 

私は少し潔癖症のきらいがあるのですが、それだけに何となく汚く見えるこのお腹のムダ毛が嫌でたまらなかったのです。

 

ですがある時意を決して、キレイモという脱毛サロンで全身脱毛にふみきることにしました。それまでサロン脱毛にあまり知識がなく、「全身にひどい痛みを味わうんだろうな…でも憎いムダ毛をやっつけるためなら仕方ない」と悲壮感をぱんぱんにしょっていたのですが、実際は全くの別世界でした。

 

感じの良いエステティシャンの方が親身に話を聞いてくれ、このカウンセリングをもとに何回かにわけて、各部位の脱毛を行っていきます。初回ではお腹脱毛・へそ周り脱毛をお願いしました。見た目として一番気になっていた所だからです。

 

キレイモでは、施術の際の冷却ジェルは不使用ということで、ごく普通の美容ジェルのような感触です。そこにエステティシャンの方が小型の照射機器をあてていくのですが、これもジリジリするような熱や、ピリピリする刺激があるわけではありません。

 

思わず「あの、全然痛くないんですが…」と聞いてしまうと、笑顔で「はい!痛くないんですよ!」と言われました。こんな感覚で美肌って手に入るものだったんだ!と目からうろこが落ちる思いでした。

 

しばらくしてからムダ毛が抜け落ち、つるつるになった真っ白なお腹を見ていたら、うれし涙がこみあげました。次の夏は、今まで内心憧れていた、露出の高い素敵なファッションに挑戦しようと思っています。

 

詳細はここから
通常

 

へそ周り・へそ下脱毛サロン